読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeoJackass

ちゃらんぽらんの絶対領域は、是を頑なに堅持

確かな予感 -その1- GoogleついにIndoorMap無料公開・本格運用開始...か??

今日、Location Business Japan 2014 / ロケーションビジネスジャパン2014ロケーションビジネスジャパンというイベントに行ってきました。せっかくなので同時開催のINTEROP Tokyoとかも回ってきました。

結論!! 思わぬところに発見があるから、外に出て道に迷うといいよ。

企業ブースを回っても、もう残り少ない市場を血みどろの争いでシェア獲得する自滅型レッドオーシャン戦略を敷いているところが大半でした。え、何のためにビッグデータクラウドでマーケティングするデータサイエンスしてるの??という思いしかしませんでした。

案の定と言うか、目新しいものはなかったけど、せっかく遠出したからラーメン食べて帰ろうと思った僕は、GoogleMapをおもむろに開きました。

そこで、ここ最近一番マメ知識に出会いました。

それはGoogleMapの新機能でした。

ブラウザ版もスマートフォン版も、商業施設のフロアごとの確認ができる機能がいつの間にかサービス公開されてた!!

まぁ慣れてますよ。この手の、外資系IT企業がいつも唐突に新規プロジェクト公開するのには。 ただ、通例WebAPI等のbeta版を提供してエンジニアを人柱にして、何時間もかけてアプリ作ったのに、サービス終了のお知らせや仕様変更を連発するGoogle先生がいきなりの一般向けサービス投入!!
Googleスゴイ。超スゴイ。今回の気合の入り方!!
何かボチボチ小出しに、そういう気配あったけど、まさか現実的に無料サービスが公開されるとは思っていなかったし、今回はbeta版も新機能に関する告知期間もなくいきなり投入されているので、相当戸惑いました。
自社所有の衛星で、地球上の通信圏外を無くす向きもあるみたいなので、世の中ますます便利になりますね(棒)
問題は、移り変わりの激しい商用テナントのデータが、どの程度の信頼性(即時性的な意味合いを持つ)を担保できるのかと言う点にあるかと思います。重ねて、WebAPIの仕様を確認したもののGoogleMapsV3, Places等にはまだ反映されていないみたいだなと...
API使えることになったら、実装してみたい機能があるけど、コーディング面倒くさいから、もうそろそろ音声でコーディングからテスト・デバッグ等できるIDE作ってほしい。